小陰唇の縮小治療を受ける【悩みを解消してくれる】

女医

痛いのを我慢している

ウーマン

小陰唇肥大は治療を行なって治すことができます。女性の中には、足を閉じた場合でも小陰唇が飛び出てしまっていることを悩んでいる人がいます。小陰唇肥大の場合ですと、自転車に乗るだけで痛みがある場合やジーンズのような密着感あるズボンを履くと、違和感を覚えてしまうのです。女性の場合は、小陰唇の大きさは2センチ程度となっているのですが、これを超えてしまうと、小陰唇肥大と判断しましょう。さらに、この小陰唇肥大は、両側だけでなく、片側のみに出来る可能性もあります。小陰唇肥大になってしまうと、痛みに耐えながら生活を送らなければいけません。これらを解消するには、専門のクリニックで治療を受けるようにしましょう。毎日小陰唇肥大の痛みに耐えている人は、できるだけ早めにクリニックにいくようにしましょう。

クリニックでは、小陰唇肥大の治療を行なう際、切除と薬で治す2種類の方法があります。切除は、麻酔を打ったあとにレーザーかメスで小陰唇の大きくなってしまった箇所を切る治療となっています。麻酔が効いている間に糸を縫うまでの工程が終わります。さらに、早い人であれば、その日の内で帰宅が可能な人もいます。薬の場合は、飲み薬になる場合がほとんどです。処方される薬は、殺菌の発生を抑える薬と皮脂の炎症を抑えてくれる効果をもっている薬になります。これらの場合は、長期間の治療となる場合があります。処方せんで治す時は、痛みの薬を一緒に出される場合もあるので、理解しておくとよいです。